手巻きタバコのシャグの良い所は、市販タバコと違い自然なタバコの味が楽しめるところですよね。

無添加・無香料のシャグの場合、煙草の葉以外の邪魔な味が無いため、純粋にタバコの葉の味が楽しめます。

とはいっても、殆どのシャグは多少の添加物が入っています。

私は、せっかく自分の手で巻くのですから無添加・無香料の物をチョイスしています。

一番のおすすめは、チェのレッドで今はこれのみですね。

私は煙管も吸うのですが、チェで煙管を楽しんでいます。

最初は小粋からはじめ扱いの楽な宝船に移行し、ふとこれってほぼシャグじゃん!と感じてテェで吸い始め、今に至っています。

手巻きタバコと煙管の刻みをタバコを同じにしたことでシャグの管理がとても楽になりました。

手巻きタバコを巻きながらいい感じのところで煙管で一服という感じなので抜群の味加減で煙管での喫煙も行えるようになった感じです。

手巻きタバコを巻いているところ

フレーバー系は友人に頼まれて毎日15本程度巻いていますが、巻いていると部屋中に匂いがこもる感じです。

私の煙管

友人はフレーバー系のリクエストで様々なシャグを試してみた中から最終的に選んだのはChoiceのCafeでした。

Choice Cafe

Choiceのフレーバーはハズレがない感じで気に入ったようで、中でもこのCafeが良いと言ってました。

前にドミンゴのバニラを巻いた時に、あまりのキツイ匂いに気持ち悪くなった覚えがあるのですが、Choiceのフレーバーは程よい香りで好感が持てる感じです。